読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほっとモナカのホットひと息

ブログ再開! 厭世気味にシャウトするよ。

台湾に行ってきたわんU^ェ^U その3

「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ」

はい、今日の記事と全然関係ありません。

何を思ったのか、中学生のモナカが感銘を受けた『GUNSLINGER GIRL』をまた読みたくなってこの度全巻買ったんですよ。いや~泣ける。非日常への憧れと、イタリアに行きたい欲求が高まって……あれ、俺なんか忘れてね??

そうです。次の海外旅行なんて考えてる場合じゃないんです。台湾紀行を終わらせないと! ということで、『MONACA : in Taiwan Ⅲ』の始まりだ!!

その前に履歴書を書け。

 

前回のあらすじをまとめますと、千と千尋のモデルと目される九份で人の波に揉まれ、なんとか乗れた帰りのタクシーはF1レーサーも真っ青な公道暴走特急であったと、こんな感じです。

どうして九份が楽しめなかったのか考えていたのですが、きっと、独りで見るイルミネーションだったからだと思います。ただの電球ってやつですね。一人で海外に出る目標は達成しましたが、楽しむにはやっぱりパートナーが必要ですよ。いや、別に日本から出なくてもパートナーは必要ですよ。やっぱりパートナーは……視界がぼやけてきたのでやめます。

 士林観光夜市は台北最大の夜市で、誰もが一度は訪れる名所!

f:id:blackvalley:20160911202503j:plain

タクシーから降り立ち、おばさんお姉さん達と別れて入り口に向かいます。「着いたらなにかおごってくれないかなー」なんて抱いてた淡い期待を夜道に捨て、飯にありつく戦士の兜を被りました。いざ、キャバクラ!(古い)

とりあえず目についた美味しそうな物をいただきます。胡椒餅

f:id:blackvalley:20160911205639j:plain

見た目に騙されてかぶりついてはいけません。固めに焼かれた生地に肉汁たっぷりのスパイシーな挽き肉が詰まっているので、慎重に食べないと大変なことになります。

「あっつ!あっつ!あっ…◎△$♪×¥●&%#?!」

熱々の肉汁が手にこぼれ落ちました。悶絶しながらも空いてる手で必死にウェットティッシュを探ります。ありました。拭きます。ふぅ……。

夜市を訪れる際はウェットティッシュが必需品。このネット情報を得て買っておいたかいがありました。手はジンジンするわ彼ピッピを待ってるっぽい若い姉ちゃんにジロジロ見られるわで冷や汗が止まりませんでしたが、なんとか平らげます。僕としては胡椒が強すぎたかな。各地に名店と呼ばれる所があるので、胡椒餅食べ比べも面白いかもしれません。

街路の奥まで歩いたところで、偶然にも有名な麺線店の支店を見つけました。パクチー入りでいただきまーす。

f:id:blackvalley:20160911211613j:plain

 うん、微妙……。なんだろう。薬膳のようなスープに柔らかくて細い麺が入ってます。不味くはないんですけどね。これもまた、食べ比べ向きかもしれません。

店内では壁掛けTVでニュースが流れてました。国軍の閲兵式かなにかの模様が長く報じられていて、国防意識の違いを思わぬ形で知ることができましたね。その後はあるカップルの特集が始まりました。2016年9月の話で、日本でも大きく取り上げられたビッグカップルですがお気づきでしょうか?そう、愛ちゃんです。(もう福原愛さんと呼ばなきゃね……)現地の人たちもテレビ画面を見て騒いでました。ホントに人気なんだな。

なんだか美味しいものに巡り会えないし火傷はするし……テンション上げるために次はどうすべきか。デザートでしょ!!早いけど

f:id:blackvalley:20160911203435j:plain

 マンゴーの乗ったミルクかき氷!こちらこの店の夏季限定メニューです。人気店で行列ができてましたが、回転が早いのですんなりと座れました。席に届けられるや否やパクつきます。美味しい(´;ω;`)…… 削られているのは凍らせた牛乳。マンゴーはほどよく熟れていました。日本でも同じものが食べられるようになりましたが、1000円とか取ったりしますよね。スイーツ好きにはたまらない街かもしれません。あなどれないぞ台北。

 士林夜市は本当に大きいです。あたり一帯どの通りもお店です。人もごった返す中で歩き続け、しかもちょっと迷子になりました。地下街の入り口はとうとう見つけられなくて、今夜はここで離脱することにしました。暑さもあってヘトヘトですもん……。

最後にスイカジュースを飲みました。(写真忘れてる)

最寄り駅から電車に乗って台北駅へ戻りました。

f:id:blackvalley:20160911223403j:plain

昼間はこの床が座り込んだ観光客で埋め尽くされていました。もう夜も深いのですっからかん。日系企業の進出が窺えますね。駅内には一風堂なんかもあります。

今夜の宿は台北駅からほど近いゲストハウスです。

f:id:blackvalley:20160911225638j:plain

Boutiシティカプセルインというところです。口コミで人気で、すっごいお洒落で快適に過ごせます。ベッドもカプセルじゃなくて広々としてます。

とにかく疲労困憊な僕は寝床に倒れ込みました。計画もなにもかも吹っ飛んだ一日目でしたが、これも個人旅行の醍醐味。今は休んで明日に備えるとします。

(つづく)