読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほっとモナカのホットひと息

ブログ再開! 厭世気味にシャウトするよ。

日常の中にある非日常、その境界線を越えた時――

これまでの人生で、君が出会えた素晴らしい作品を挙げなさいと言われたら、僕は迷わず『Scarlett』と答えます。ギャルゲという言い回しは好きじゃないので恋愛ADVとしましょうか。こういったジャンルはとかく色眼鏡で見られがちで、僕は非常にもったいないなと思います。男女の間にドラマがあり、二人は共に歩み、愛を育む――古くから物語られてきたお話と、そこには何の違いもありません。

本作の魅力をお伝えしたいのですが、僕自身がよく分からなくなってきた感があります。好きすぎて欠点を指摘されても、あばたもえくぼと繰り返すに決まってます。そこで、僕が本作について知ってほしいものを取り上げてみます。まずはオープニング曲『Escarlata』です。


PS2 スカーレット 〜日常の境界線〜 OP

歌詞がすべてスペイン語なのです。エキゾチックな雰囲気を味わえますね。本作は南アからEUの小国、そして日本と、舞台が世界を駆け巡る内容となっています。現実に即した設定は、物語をあたかも今起こっている出来事のように思わせてくれます。至上のエンターテイメントです。よかったらPC版OPも観てほしいなぁ。

そして、一枚のCGに込められた含意がすごいのです。

f:id:blackvalley:20151012095938j:plain

これは序盤の象徴的なシーンです。夜明けの空をB-2が飛び去る場面。二人がいるのは沖縄の某地、この機体が現れるだけでありえない話です。しかも金髪の少女は、このステルス爆撃機が飛ぶことを知っているのです。二人の間には見えない線(ボーダー)が引かれています。非日常に身を置く彼女、日常に辟易した少年。その間を飛ぶB-2は、彼を非日常に誘います。そして物語終盤、B-2は彼女を日常に連れ戻す役割を担います。

初めてこの作品をプレイした時の興奮を、今でもありありと思い起こせます。Esarlataは毎日欠かすことなく聴いていて、PS2が無いのにPS2版ソフトが棚に刺さっていたりも。それほど思い入れの強い作品です。まさしく僕の人生を変えました。

良い作品に出会える喜びに、僕は生かされています。

P.S. いなり、こんこん、恋いろは。素晴らしいね!