ほっとモナカのホットひと息

ブログ再開! 厭世気味にシャウトするよ。

成人してからの半年

大学生になってからしばらく、僕は有り体に言って「潰れて」ました。希望の大学に入れなかった原因は僕の努力不足に集約されますし、今となってはあの状況で到底勉強などできなかったと開き直っています。問題は入学後でして、精神の不安定さを引きずったまま半年あまりを過ごしていました。

昨年の初冬に成人を迎えて数日、僕は訃報に接します。数えるほどしか会ったことのない祖母でした。出棺前、僕が流した涙は見舞いに行けなかった申し訳なさばかりで濁っていました。今思えばこの出来事が転機となったのやもしれません。

年が明けて、成人式。そして同窓会が催されました。ここで印象的だったのが、同級生の皆が皆、真っ直ぐ平坦な道を行っているわけでないことでした。夢への行き方も、そして生き方も、それぞれに違っていて輝いている。当たり前のことではあるのですが、僕の目を覚ますには十分すぎるほどの発見でした。

下関の地へ戻った僕は、運動を始めました。なぜそこで運動だったのか……今となってはあまり覚えていません。それでも様々なことが上手く回るようになって、なにより思考が曇らなくなったことは大きな収穫でした。高校生の時など、運動すれば心も安定するとは脳筋の考えだ、と腐していたのですが、大した手のひら返しです(笑)

本分である勉強にも打ち込めまして、おかげで2年生の前半はなかなか良い成績だったんじゃないかと自負しています。ただここで環境に対する不満が募りまして、両親に編入学を打診したのですが、資金の問題で却下されました。「院ならいいよ」という言質を一応は取りました。この「不満」については時間をつくってぼやきたいと思います。

 

そんなこんなで今日はここまで。準備運動をして外に出てきます。

До свидания!