読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほっとモナカのホットひと息

ブログ再開! 厭世気味にシャウトするよ。

僕が見た風景は一つなのだろうか

夕飯のあとに一通りやるべきことを終えて、走りに外へ出た。確か10時手前ぐらいだったと思う。家の中では聞こえてくる雨音と共に作業をしていたのだが、夜道は静かなものだった。雨が上がっていなかったらそもそも走るのは諦めていた。

雨上がりの夜道を、しかもいくぶん寒くなってきた中を走るのは初めてかもしれない。僕は目の前に広がっている街の様子を描写してみたいと思った。

物を書くようになってから、僕の生活の中には変化が訪れたといえる。だいぶ大げさな言い方だけど。例を挙げるとするならば、たとえば雑踏の中、電車内、いつも歩く帰り道。そういった目にしている状況を文字にしてみたくなる。これがとても難しい。けれど、何年も続けているうちにコツのようなものは掴めてきた。僕のような若輩者が言う必要の無いほどに、ありふれたコツだ。

「五感で捉えること」――さあ、準備運動で火照った身体を使って世界を感じ取ろう。

 夜道は白く霞んでいた。色彩の薄れた町通りをLEDの寒々しい街灯が照らしている。足元にある水たまりは白い光を受けて艶めかしく揺れ、濡れたアスファルトを踏む感触が日中の出来事を私に教えてくれた。やや早足で歩き出すと霧が肌にまとわりつくのを感じる。半袖は寒いかと思ったが、これは心地良い。窓を開け放した家からラジオの声が聞こえてきた。雨は朝から降り続けていた。私も帰ったら換気をしよう。徐々に地面を強く蹴っていく。湿った空気で肺を満たし、吐く。電柱のそばで私を食い入るように見つめてきた猫は、私が近づいてくると見るや一目散に逃げだしていった。脅かすつもりは無かったと、詫びる暇もなくその場を去る。滲んだ町並みを掻き分けるように、私は走った。

目標の時間を超え、私は脚を緩める。熱を帯びた身体を引きずるようにして、荒い息を空に向かって吐き出す。その時、気がついた。地上を濡らした黒雲は去り、夜空には星が瞬いていたのだ。暑い季節よりも輝きが増して見える空は、街の様子を描写しきった気になっていた私をからかった。白いため息が溶けていった。

 

(昨年の10月ごろの話。表現までも走っちゃってる……)

またはモナカは如何にして……(2)

大変申し訳ございませんm(_ _;)m

続きはまた書くよ、とか言っておいて今になりました。どうやら僕の周りの時空がゆがんでいるようです。……嘘ですごめんなさい!

本記事では先日アップした創作についてのお話を続けますので、作品を読んでいない方や前の記事を読んでいない方は下記リンクをどうぞ。

blackvalley.hatenablog.com

若干踏み入った話をしようと思いますので、箇条書きにします。

  • 構成など、全体について

 今までの反省として濡れ場が短すぎる問題があったので、なるべく早くそういうシーンに入りこもうとプロットを組みました。といっても本当に短編なのでプロットと呼ぶには仰々しいです。メモ書き程度のものでした。僕がネットに上げる作品は習作の性格が強いので、今回の構成に関しては物語的効果が足りなかったと思っています。デビューしてないから言ってみればすべて習作ですけどね……。来年春ごろに向けてちょっと頑張っているところです。

亜梨紗との馴れ初めをもっと読みたかった、という意見をもらいました。確かに、説明が続いてつまらなかったんじゃないかと。僕にもっと体力があればよかったです。これについては後述します。

  • 亜梨紗という女の子について

 気まぐれでクールだけど、スイッチが入ると情熱的。そういう女の子を書きたかったので生み出しました。序盤、主人公との出会いのシーンは野良猫がきっかけですが、この猫をモチーフとしています。安直に「猫系彼女」と呼ぶのは矜持が許さないのですが、読んでくださった方はどんなイメージを持ちましたか? 僕は猫を飼った経験がないので、なんとも言えないです。ちなみに胸の大きさを「確かな膨らみ」としか描写してないのは、読者に程度を委ねてみようという試みです。結果として巨乳を想像した人が多いのはどうしてだろ……?

  • 例のシーン 

 こういうシーン書くの、僕は無性に疲れるんですよね。だからまだ気力が残っている頃合いにがちゃがちゃとキーボードを叩きたいのです。今回は導入を短くすることで、そこそこ丁寧に書けたと思います。エロを書く本来の目的は性描写の練習なので。ただ、前述の亜梨紗の性格に甘えて、かなり不自然な導入になってしまいました。反省してます。要するに馴れ初めをしっかり描いて、なおかつエッチも濃厚にできれば理想なのですが、そうなるといつ最終稿をアップできることやら(^_^;)

……早漏じゃないですよ? このアンケート結果はなんですか!!

 

 

  •  ディティール

 冬の公園で亜梨紗が主人公を待っているシーン、僕は彼女に文庫本を持たせたのですがここで結構迷ったんですよね。わりとどうでもいいかもしれませんが、僕はディティールにこだわりたいので、小物で彼女の趣味とか性格などの人となりを知れたらなと。最初はハードカバーを持たせようかと思ったんです。本好きゆえに少ない小遣いでも新刊を買い求めるかんじ。でも、きっと彼女は流行りの作家とか知らなそうです。手垢で薄汚れた文庫本を一冊は肌身離さず持っていて、折にふれて読み返す、みたいな。まあ、美少女の手垢で本が汚れたりするはずないので、本自体の状態は描写しませんでしたけどね!

ちなみに公園の樹木が寒風に吹かれている様子の描写は、それこそ手垢のついた表現なので変えようかと思ったのですが、亜梨紗の登場がくっきり印象に残ってほしいのでそのままにしました。木にばかり目線が行くと困るので。

  •  こんくるーじょん

 物語を書くことは常に、僕に己の未熟さを突きつけてきます。今回のお話の二人はある面で成熟したのかもしれませんが、その成長の果実はなにも二人のためだけのものではない。

……なにを言いたいのかわからなくなったので、一言で終わらせます。

今後もえっちなの書きます。

またはモナカは如何にして心配するのを止めてエロを書くようになったか(1)

自分で整理する傍ら、作品についてとか創作について考えていることとか述べていきたいと思います。この前アップした作品を中心にお話しするので、できれば読んでいただいたら幸いです。ぷらいべったーのパスワードは「hotmonaca」。pixivにも載せてます。

http://privatter.net/p/1177624

[R-18]「冬の日のアリサ」/「ほっとモナカ」の小説 [pixiv]

まず謝らなければならないのは、キャプションについてです。とくに深く考えず前口上のつもりで「妄想多め」と書いたのですが、これで気分を害した人がいるようです。ごめんなさい。これからお前のオナニー小説を読まされるのか、と眉をひそめてしまうのは仕方ないと思います。しかしそれは僕の本意ではないのです。例え話の内容が稚拙であっても、僕は物語を書く以上この身を削る思いで取り組んでいます。いつだって僕なりの創作の理想を追い求めているので、決して主人公が僕と同一になることはないですし、登場人物が僕の手を離れて行動することもままあります。JKが一ヶ月にも渡っておウチに入り浸ってたら、僕なら我慢できませんね!

ここで、僕がなぜ官能表現を書くようになったのか言っておきます。重要な事が一つ。決してエロが書きたいわけじゃないのです。いいですか、エロが書きたいわけじゃないのです!「ウソつけ!!」と思った方、あなたは僕を見誤ってますね。じゃあなぜエロを書くのか?それは、表現の幅を増やすこと、描写の練習をすることです。マンガなどと比べて、小説は人間の感覚を伝えることに利があると考えています。視覚を補って余りある表現の対象を探した時、セックスシーンが浮かびました。同時に難しそうだなとも思いました。「気持ちいい」なんて感覚、文字だけで程度まで伝えるのは骨が折れそうだなと。じゃあどうしようか。書いてみるしかない。表現についての辞典を持ちあわせてはいますが、自分の表現に落とし込まないと意味がありません。できあがった作品を公開するかどうかも迷いましたが、人の目に触れる緊張感を持ち続けたいこと、あわよくば講評をいただきたいという思いで、アップしました。予想以上に様々な人が読んでくださったこと、忌憚のない意見を伝えてくれたことが嬉しくて、励みになりました。ありがとうございます。

ここまで書いておいて、まだ作品の中身に入っていけてないことに気づきました。明日に続きを書こうと思います。ひとまず今日はここまで。

衒学的な

ペダンチックという言葉を知ったのは僕がまだ学ランを着ていた頃だ。以来、ネットで生半可な言説を披露する人を見るたびにこの言葉が脳裏をよぎる。もっとも、そう感じる僕がペダンチックなのだろうが……

ここ数年よく耳にするフレーズに、「物理的に」というのがある。たぶん僕も無意識に使っている。しょうもないことでも説得力を持たせたり、ユーモラスな言い回しをするのならば、なるほど都合が良い。でも先日、「寝坊して物理的に遅刻した」と言っている人がいた。それは怠惰だ。宇宙の神秘とは程遠い。

話は変わるが、自分が学んだこと考えたことを示させるため、感想文を課されたことがある人はほとんどだと思う。学生の身分である限り続くし、就職してからもだ。僕はもちろん、思いを文字にすることは否定しない。けれど、こういった感想文には「文量」を求められることが多々ある。それが僕にとっては苦痛でたまらない。二文書き終わらないうちに半分は消して、また書いての繰り返し。文章を作る姿勢をうまく切り替えられないから、結局短くなる。たぶん、一目見てぎっちり黒々と埋まっているほうがより理解している者だと思われてしまうだろう。

難しい言葉を使うことにも、回りくどい言い回しをするのも、ちゃんと考えた上で使っているのならば問題ない。でも、空白を埋めるために手を動かすのは、求められているからとはいえ悲しい気がする。

こんな負け惜しみに文章をこしらえる僕もまた、ペダンチックだ。

日常の中にある非日常、その境界線を越えた時――

これまでの人生で、君が出会えた素晴らしい作品を挙げなさいと言われたら、僕は迷わず『Scarlett』と答えます。ギャルゲという言い回しは好きじゃないので恋愛ADVとしましょうか。こういったジャンルはとかく色眼鏡で見られがちで、僕は非常にもったいないなと思います。男女の間にドラマがあり、二人は共に歩み、愛を育む――古くから物語られてきたお話と、そこには何の違いもありません。

本作の魅力をお伝えしたいのですが、僕自身がよく分からなくなってきた感があります。好きすぎて欠点を指摘されても、あばたもえくぼと繰り返すに決まってます。そこで、僕が本作について知ってほしいものを取り上げてみます。まずはオープニング曲『Escarlata』です。


PS2 スカーレット 〜日常の境界線〜 OP

歌詞がすべてスペイン語なのです。エキゾチックな雰囲気を味わえますね。本作は南アからEUの小国、そして日本と、舞台が世界を駆け巡る内容となっています。現実に即した設定は、物語をあたかも今起こっている出来事のように思わせてくれます。至上のエンターテイメントです。よかったらPC版OPも観てほしいなぁ。

そして、一枚のCGに込められた含意がすごいのです。

f:id:blackvalley:20151012095938j:plain

これは序盤の象徴的なシーンです。夜明けの空をB-2が飛び去る場面。二人がいるのは沖縄の某地、この機体が現れるだけでありえない話です。しかも金髪の少女は、このステルス爆撃機が飛ぶことを知っているのです。二人の間には見えない線(ボーダー)が引かれています。非日常に身を置く彼女、日常に辟易した少年。その間を飛ぶB-2は、彼を非日常に誘います。そして物語終盤、B-2は彼女を日常に連れ戻す役割を担います。

初めてこの作品をプレイした時の興奮を、今でもありありと思い起こせます。Esarlataは毎日欠かすことなく聴いていて、PS2が無いのにPS2版ソフトが棚に刺さっていたりも。それほど思い入れの強い作品です。まさしく僕の人生を変えました。

良い作品に出会える喜びに、僕は生かされています。

P.S. いなり、こんこん、恋いろは。素晴らしいね!

お参りに行ってきました

秋晴れが続いた連休、外に出ないのはもったいないと思った私は住吉神社へ足を伸ばしました。日本に2000以上あると言われている住吉神社ですが、その中で三大住吉神社というものがありまして、その内の一つが下関の住吉神社です。大阪の住吉神社は和魂を祀っているのに対し、こちらは荒魂を祀っています。

f:id:blackvalley:20151012121119j:plain

自転車で迷いながらもようやくたどり着いてパシャリ。「長門国一宮」と見えますね。簡単に言えば国ごとに一宮、二宮……があったわけです。地元岡山には山を挟んで「吉備津神社」と「吉備津彦神社」がありますが、前者は備中国一宮、後者は備前国一宮です。国境が山を通っているのですね。面倒なことに備後国一宮も「吉備津神社」でして、この辺りの話は調べてみるとおもしろいですよ。

f:id:blackvalley:20151012123918j:plain

鳥居をくぐると少しして、本殿への階段が見えました。手水舎で身を清め、石段を上がります。

f:id:blackvalley:20151012122429j:plain

拝殿で二礼二拍手一礼。そして国宝の本殿を臨みました。立派な流造ですが、思ったより建物自体は小さかったです。それよりも目を引いたのは、

f:id:blackvalley:20151012123649j:plain

傍らの鐘楼です。神社に鐘楼があるのを初めて見ました。本殿と同じく、毛利元就による寄進だそう。f:id:blackvalley:20151012123030j:plain

御朱印を頂いて、離れた所にある摂社に向かいます。原生林が残る境内は悠久の時を感じさせてくれました。f:id:blackvalley:20151012123307j:plain

巨木に出くわしました。記録では白村江の戦いの後に植えられたとかなんとか(記憶があいまいです)と、案内がありました。

すぐそばにあるお稲荷さんにもちゃんと参拝。別に最近読んだマンガの影響ではないです。

f:id:blackvalley:20151012123446j:plain

最後に、神池に浮かぶ厳島宮へ向かいました。この池がなんとも美しかったです。泳いでいる鯉は野性味あふれる色でしたが、鴨の夫婦が悠々と池面を滑るさまが絵になっていました。

f:id:blackvalley:20151012124534j:plain

 

この日は祝日でしたが人が少なく、天気が不安定だったこともあって、神社を後にする頃には大鳥居付近に私しかいませんでした。ですが、厳島宮で参拝を終えた私が橋を渡ろうとした際、境内をうろついていた十数羽の鳩がなにかに追い立てられるように飛び去っていったのです。遠目にそれを見た私は立ち尽くし、じんわりとした感傷に浸りました。きっと、神様がいらっしゃったに違いない、と。

己が現状を省察せよ

どうも最近、心がざわついています。

「気温が下がってきたからじゃないか」と考えてくれた人もいて、なるほど確かに近くの山が噴火したもんね、と合点がいきかけました。ところがなにやら違うらしい。

ここ数日は、原因がわからないので今までの僕を振り返ってます。自己批判というか総括というか……懐かしの言葉たちが最近になって耳に入ってきますね。

僕は定期的に、調子に乗る時期と落ち込む時期があるようですが(決して周期的とは言いたくない)、これに嫌々当てはめてみると見えてくるものがありました。運動で体調が良くなり、思考が論理に縛られた結果、弱っている人についついキツいことを言っていたと思います。これ、僕自身がもっとも嫌う言動です。中高時代に受けた仕打ちの反動のようで、僕がなるべくなら優しいお話を書きたいと常々考えている証左です。

そして僕は自分が正しいと思い上がっていました。失敗に直面したことで初めてそれを認識できたのです。お恥ずかしい限りです。成長できているのではと自負していたにもかかわらず、その実大切なことを見落としていました。

なるべくなら平穏に暮らしたいので、生き急いでいた現状を見直していきます。